JSP

セルフレジ・セルフオーダー・キャッシュレス券売機「JSP」。キャッシュレス化、多言語化に対応することで機会損失も防ぐことができます。JSPは店舗のセルフ化、省人化を低コストで実現します。安心の365日24時間サポート体制が整っております。まずはお気軽にご相談下さい。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

テイクアウトをするお客様が多いお店もあり、レジでのやり取りがとても多いお店もあります。飲食店でレジの業務を行っていく際に、セルフレジに注目することで、現金払いの時のお釣りが自動的に出てくるなど、便利なサービスがあります。お店のスタッフがお釣りを出す場合、計算ミスをする恐れもあり、お客さんが一日にたくさん来るお店は、自動的にお会計を済ませることができるシステムがあると安心です。飲食店のセルフレジで、テイクアウトとイートインで税金が異なっている場合もあり、それに関してもセルフレジで自動的に支払いが行えると便利です。人がする作業は、ミスをする可能性もあるため、自動的に設定されて支払いを行っていけるとお会計がスムーズに進みます。飲食店は注文と会計をセルフ化するところが増えてきており、お店のスタッフが厨房での作業やお客様に作った料理をお出しするお仕事など、仕事に集中しやすくなります。いろんな仕事を複数こなしていく必要があると、ミスをする恐れがあるため、注意していくことも大事なポイントです。自分が担当する仕事に集中しやすくなり、マニュアルがあるお店なら、そのマニュアル通りに仕事ができるようになるため、アルバイトスタッフも仕事がしやすくなります。飲食店はお会計も含めて、覚えることが多くあり大変に感じる方もいるため、なかなか人を募集しても集まらないことがあります。しかし、セルフレジの導入やメニューの注文もシステムを使って自動的に進めていくことができるようになると、入ったばかりのアルバイトスタッフも仕事を覚えやすいです。人手不足の課題解決だけではなく、働いてくれるアルバイトスタッフも仕事を辞めたくなるような大変さではなく、自分の仕事に集中しやすい環境を作れます。サポートの充実に注目しながら、セルフレジを無理なく導入することができるように、安心して新しいシステムを取り入れることができる企業を探すことも大切です。