インスパイア


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

動画制作の案件を、社内だけで進める事は少々難しいかもしれません。何しろ高度な技術が求められる案件であり、クリエイティブな発想も必要です。現実問題として一般的なデスクワークを普段担っている人材に動画制作を任せる事は負担が大きいです。パソコンスキルが高い若手社員に依頼しても、斬新な発想のコンテンツが出来るとは限りません。また優秀な人材を大量に動画制作の案件に充てれば、今度は本業のルーティンワークに支障を出てしまうかもしれません。動画制作の事は、無理して自社内で進めるよりも専門の企業へ外注した方が賢明です。この頃は名古屋でも、そういった案件を引き受けてくれる専門の企業があります。名古屋で最近開業したばかりのベンチャー企業やこれまで長年名古屋で地道に運営してきた個人経営のお店なども、同じ町の専門の企業なら外注の相談がしやすいです。動画制作もまた他の外注同様に、担当者同士が綿密に定期的に話し合ってコンセプトを確認しなければなりません。物理的な距離が近い方が打ち合わせは円滑に進みますし、同じ地元同士の方が何かと会話が弾むかもしれません。動画制作によるマーケティングは、近年様々な企業が挙って取り入れています。直接一般消費者やクライアントに向けて、幅広い情報を発信出来る手段で、費用対効果が高い点も特長です。文字数や時間の制約等がなく、企業側が世間の人々へ伝えたい情報をたっぷりと自社のホームページやSNSを通して伝えられます。どんなサービスを提供しているのか、どんな製品を取り扱っているのか等、テレビコマーシャル風の動画コンテンツを不特定多数の方々に向けて発信する事で自社の存在感を上手くPR出来ます。動画コンテンツならビジュアルへダイレクトにうったえられる為、既存の媒体とは異なったアプローチが実践しやすいです。自社の看板商品のお得な使い方やライフハック的なヒント等も、映像化した方が世間の人々へ伝わりやすいです。
Tagged on: ,インスパイア