日本コミュニケーション学院

東京都にある話し方教室の名門。あがり症専門33年。重度あがり症及び、どもり・吃音・声震えは成果保証。スピーチとプレゼン高度指導ほか会話・雑談力や人間関係改善と評判の話し方講座が勢揃い。業界トップのビジネス話し方教室として広く知られ、コミュニケーション全領域の指導が受けられる。渋谷区代々木が本部で新宿駅と代々木駅すぐ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

あがり症の人の場合には、人前に出ることを極力避けている傾向にあり、むやみやたらに自分から表舞台には出たがらない性分である傾向です。あがり症を克服することによって、自分に自信が持てるようになることが非常に多いようで、積極的になるために、精神科や心療内科を受診するケースも少なくありません。もちろん、大舞台に立つだけでなく、仕事でいえば、プレゼンテーションで商品の良さをアピールすることもあるでしょうし、就活生ならば面接を受けること、受験生ならば試験を受けるにもあがり症が問題視されています。いわゆる本領発揮ができない、そうした声も聞かれています。今や、あがり症を克服するために、話し方教室までが活用されている話しです。流暢に話せるだけで、自然にあがり症が改善されるといいます。この障害のデメリットを1つ上げるとすれば、コミュニケーション・人間関係が構築されないことです。気持ちをラクにできないことも少なくないようで、通じ合っていると思っていた相手との気持ちのズレがあります。あがるだけならまだしも、声も小さくなり、態度も小さくなり、なんなら消えてしまいたい気持ちになるのもこの障害、症状の1つです。少し、荒行ではありませんが、度胸をつけるためにワザと大勢の前に立たせることもあるといいます。おまじないではないですが、「人をじゃがいもだと思いなさい」「手のひらに人という字を10回書いて飲み込む」こうしたことに意識を背かせることもあります。あがり症を克服するために暗示をかけることもあります。しかし、意識するしか道はありません。実際に表舞台に立つ・立たないを選択するのは、まわりではなく、本人です。古い自分を捨てて、新しい自分をつくっていかなければならないときもあります。それが上手くいかずとも、挑戦し続けることで克服できる話しです。徐々に、一歩ずつ、着実な歩みであれば、時間はかかりますが、必ず、克服できます。
Tagged on: ,日本コミュニケーション学院