東宝ハウス新小岩

新小岩の不動産(一戸建て・土地・マンション)をはじめ、葛飾区、江戸川区、墨田区、江東区の不動産情報を随時更新!不動産をお探しなら東宝ハウス新小岩へご連絡ください。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

安定した日常生活を送るには衣食の前に住まいを構えなければ話になりません。ところが、住まいを構えるには並々ならぬ決断をする必要があります。中でも、地方在住者が地元近辺で一次産業に従事するのであれば住まいを決めるのにそれほどの大騒ぎをしないで済むかもしれません。ところが、大都市圏へ出て二次、三次産業に職を求めようとすると高い地価にみられるように不動産を購入するにしろ、賃貸住宅に住むにしろ、経済的な負担感が大きくなります。特に、住まいを購入するとなれば衣食費とは桁違いの資金が必要になるからです。従って、地方から大都市圏へ出ていくと、最初は職場に近い地域で手っ取り早く賃貸住宅に居を構えて働き始めるのが多くの人の考え方のようです。こうして働きながら少しずつ自己資金を貯めて住みたい地域や住み心地の良い住まいを家族で考えたり、探したりするわけです。ところが、大都市圏、中でも首都圏では地価の上昇や東京オリンピック開催決定による建築作業の人手不足などを背景にしてマンション価格が大幅に値上がりしています。大手不動産会社が建てる分譲マンションの高級ブランド化指向も効いているようです。こうして、住まいを買おうとして自己資金を貯めていても物件の値上がりの方が大きくて、住宅ローン借入が減らないので中々、手を出せません。数年、こうした状態を続けている内に数十年も家計に多額のローン返済を抱えて、ひやひやしながら定年を迎えるより賃貸生活の方が気楽だと気付くようになります。無理してでも定年を迎えた時に不動産という資産を持っておく方が生活の安定、安心につながるという考え方に一理あるにしても、住まいを所有し続ける負担感が限界だということでしょう。サラリーマンであればAIの導入や作業のロボット化などで働き方が大きく変わりつつあるのでどこまでこうした働き方変化についていけるか、自信をもって言える人が少ないでしょう。従って、定年まで働き続けられるか、職場に不安材料があると多額の住宅ローンを抱えて生活したくないと決断し、賃貸生活を選ぶことになるようです。
Tagged on: ,東宝ハウス新小岩