ながた内科クリニック

医療法人社団 卓心会は、府中市全域と調布市・稲城市に展開している、内科総合診療・訪問診療・訪問看護・居宅介護グループです。皆さまがより「いきいき」した生活が継続できるよう、グループ一体での包括ケアでお支えします。地域の皆様に価値ある総合支援サービスを提供してまいります。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

現代病でもあるうつ病は精神疾患の病気になりますが、誰がいつなってもおかしくない病気のひとつです。このうつ病を発症した場合にはやはり専門病院で診てもらうことが先決になり、検査から治療までの流れも今ではカリキュラムとして組まれています。それにはまず心身ともに周囲で支えることが必要になりますので、悲壮感が強い人では疲れたとか辛いというキーワードがすぐにでてきます。体の症状を強く訴えるケースでは理解が無くてはどうしても家族から仮病のように捉えられてしまい、うつ病になっている本人が一番傷ついてしまうことも少なくありません。悲壮感は抑うつ感が強くでますし、物忘れをしても自覚があるケースも多く、そうなると本人がダメな人間だと思い込むこともあります。そうならないように家族が支えていくことや、心療内科などの専門病院で治療を受けることで治ってきます。そして治療にも時間がかかることを支えていく家族は忘れてはいけません。うつ病にはいろいろな種類があり、双極性障害ではうつ状態と躁状態出てくることから、精神状態は大丈夫なのかと心配されることも多いです。うつ状態のときにはふさぎこむ傾向があり、躁状態のときには気分が高揚し活発に動くこともできます。しかしそれを繰り返すことで社会生活が困難になり治療を施すことが遅くなることもあるので、家族で何か変だとわかったらすぐに心療内科へ連れて行くことです。こういったうつ病になる人の場合、仕事が真面目だったり多くの仕事をこなしているうちに仕事の忙しさとプレッシャーによって、精神的な機能が正常に働かなくなり双極性障害として発症してしまうことになります。休職して治療に専念することも多く、休職するということだけでも責任感から拒絶するケースもありますので、家族が説得することもそうですが医師やカウンセラーなどの専門家に任せることも大事なことです。誰しもなる可能性がある病気ということからも、心構えをもって取り組むことになります。
Tagged on: ,ながた内科クリニック