リュニックフルール

小学校受験・幼稚園受験の家庭教師なら東京・神奈川シッターサービス付きのリュニック・フルール(L'UNIQUE FLEUR)にお任せください!


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小学校受験には難しいイメージを抱く人も多いです。熱心な教師や親御さんがプリントを何枚も徹底的にやらせるというイメージもあります。しかしこうした間違った指導はかえって勉強嫌いにさせてしまいます。また、中学や高校と同じく学力をとにかく高めることを目標にしたご家庭もあります。しかし、小学校受験はテストで100点をとれても合格にはなりません。行動観察・運動・絵画・製作など様々なテストが用意されています。親御さんは家庭の考え方が分かる願書や面接試験などで合否が判定されます。判定の基準は複雑であり、総合的な力が求められます。入試問題はお子さんを振り落とす難問はありません。問題は教科学習するにあたって基礎学力がどれだけ身についているのかを問います。学力に特化したスパルタな教育は必要ありません。まともな幼児教育をしていれば身につく能力が求められています。学ぶのに欠かせないのが基礎学習です。最初はお子さんが問題を解けるのか親御さんも不安になるかもしれません。基礎が身についていないなら繰り返し解き方のパターンを教えることになります。過去問を解いて学ぶことになります。しかし、実際の入試で出される問題は過去問そのままではありません。お子さんが初めて目にする問題かもしれません。学校別の対策と一緒に、基本のものの見方や考え方を身につけましょう。小学校受験の塾では事物を用いた基礎学習に取り組ませます。受験する学校が決まればより正確な入試情報を探しましょう。学校側からは情報が開示されないので、間違った情報や噂に振り回されないよう気を付けましょう。親御さんが惑わされてはお子さんにまで悪影響が出てしまいます。過去に出た入試問題を分析したうえでどこまで学習させるか判断しましょう。実際に出ない難しい問題を解かせる必要はありません。面接時は親御さんが家庭の良いところを先生方に伝えます。入試直前に準備しても、お子さんは不自然さを簡単に見抜いてしまいます。自分はどんな家庭環境で育てたいかも一度考えましょう。
Tagged on: ,リュニックフルール