ラディアス上尾


カーコーティングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

愛車をいつまでも綺麗に維持する方法として取り入れられているガラスコーティングですが、施工は専門業者に依頼しないと行えないと想っている方は多いです。しかし最近では通販ショップなどでガラスコーティングが簡単に手に入るようになっているので、自分で施工する自信や経験のある方なら問題なくプロのような仕上がりにすることも可能です。では実際に自分で施工する際に必要となる道具には、車の塗装面に固着している鉄粉を取り除く際に必要となる「鉄粉除去剤と鉄粉除去粘土」を用意します。基本的に塗装面を触った時にザラザラとしていたり、細かな黒いブツブツが付着している場合は鉄粉が付着しているサインなので、状態を見ながら必要ならば準備を行いましょう。「油膜除去剤」は、新車から2ヶ月以上経過している塗装面には脂分としてワックスや花粉、黄砂や排気ガスなどの汚れが固着しているため、塗装表面を油膜除去で取り除きコーティング剤の密着性を向上させます。「コンパウンド」は粒子の細かなタイプを用意することで、塗装面に付着する微細な小キズを取り除く効果があり、「ポリッシャー」で傷んだ塗装面の車の傷を研磨・磨くことで除去することができます。「脱脂クリーナー」は塗装面の油分とコンパウンドの余剰成分を取り除く道具で、塗装面のシリコンを取り除くことでコーティング被膜の密着性が高まります。これらの道具を使用し、洗車作業と鉄粉除去、油膜除去を順序よく進めたら、車の水分を拭き取り塗装面に固着したイオンデポジットを除去剤で取り除きます。次に塗装面の磨き作業を行い、脱脂クリーナーで塗装面の油分と余剰成分を取り除く脱脂作業を進めたら、最後にガラスコーティング剤を40cm四方の小面積で仕上げていき、マイクロファイバークロスで拭き取りを行い、24時間かけて乾燥させたら完成です。ガラスコーティングは空気中の水分と反応し効果していくので、塗布後はしっかり乾燥させることが大切で、その間は洗車や雨に濡れるなど水に触れない対策が必要です。
Tagged on: ,ラディアス上尾